熊本大地震はいまだ事態が終息せず心配です。なかには建物が倒壊するなどの被害もあり、痛ましい事故も起きています。こうしたことがあると、自分の建物は大丈夫だろうかと、心配になる方も多いのではないでしょうか。地震への備えはしっかりしておきたいですよね。今回は建物の耐震性について、簡単に見分ける方法をお知らせします。

建物の耐震基準はこれまで、大地震の教訓を受けるなどして何度も見直されてきましたが、このことについて「マンションは1981年以前か以降かがポイント」ということがよく言われます。これは1981年に「新耐震設計基準」として在来工法、ツーバイフォー、鉄骨、RCなどの構造について大幅に直しが行われたため。RCや鉄骨の建物を検討する場合は特に、建築確認申請年月日が1981年6月1日以降かどうかというのが大きな分かれ目です。「竣工(完成)年月日」ではなく「確認申請の日付」であることに注意してください。それ以前の物件なら、耐震診断と必要に応じた耐震補強をしているかどうかを確認しましょう。多くの自治体で補助金・助成金などが用意されていますので調べてみてください。

一方、木造軸組工法は2000年を基準に考えるべきです。というのも2000年にも大きな建築基準法改正があり、木造軸組工法(在来工法)の基準に大幅な見直しがあったためです。例えば、新築時の地盤調査が事実上、義務化されたのはこのときから。そして金物種類の明確化、壁の配置にバランス計算が必要になったのもこの時点。この変更により、広い開口部などバランスが悪い建物をつくることは難しくなったのです。2000年以降の物件であっても、中には2000年の法改正やその中身を知らず、旧基準のまま施工されているものも。築浅の物件でも注意したいところです。

次に外観形状のチェックです。注意するのは「外形から見て、明らかに構造的バランスの悪い建物でないか」ということ。ここではありがちな例を5つあげておきます。

①上下階のバランスが悪い建物

2階建ての建物で1階に比べて2階部分が大きすぎる「頭でっかち」な建物。この状態を「オーバーハング」といいます。が、オーバーハングな建物は見てわかる通り安定性に欠け、耐震性の観点で懸念が拭えません。
1_7.jpg

 

②開口部が大きく、壁量が少ない建物

陽あたりの確保や開放感を得るために窓などの開口部を大きく取ることで、壁の量が足りなかったり、壁の配置バランスが悪いケース。壁には本来、耐震性をもたせる重要な役割があるため、開口部が多く、バランスが悪い建物には、耐震性に不安が残ります。 特に建物の四隅には壁がほしいところですが、そこにコーナー出窓をつくっているなど、バランスを崩している建物が多く見受けられます。

2_2.jpg

 

③凹凸の多い建物

建物は本来、正方形や真四角が一番安定しています。しかし、建築主の要望やデザインの都合などを優先させた結果、凹凸の多い建物ができてしまうのです。やはり耐震性能という観点から、過度に凹凸の多い建物は好ましくありません。

 

④大きな吹き抜けがある建物

リビングなどの天井を、2階まで抜いて吹き抜けを設けているケース。これは外から見てもわかります。開放感があり、高いところから明かりが取れ、風通しも良く心地良い吹き抜けですが、大きな吹き抜けにはやはり、建物の剛性の面から懸念が残ります。

 

⑤上下階の壁の位置がずれている建物

1階と2階の壁の位置がずれている場合、梁などの主要構造部に無理な力がかかっている可能性があります。

3_0.jpg

これらのポイントは、例にあげたとおりだと直ちに悪いということではありません。きちんと構造設計上のチェックが行われ、かつ設計どおりにしっかり施工されていれば、特に問題はないのです。あくまでもチェックの目安として覚えておき、判断に迷うようなときは、インスペクター・不動産コンサルタントなどの専門家に相談してみましょう。

以下は、耐震性の有無を判定する簡易なチェック項目です。10点中何点か確認してみてください。0-4個なら明らかに耐震性不足、5-8個なら要確認、9-10個なら安心です。

■■■■■耐震性能チェックリスト■■■■■

□ 建築確認年月日は1981年6月1日以降だ
□ 竣工図書(設計図)やリフォームなどの記録がある
□ 過去に床上・床下浸水、火災、自動車の衝突、大地震などの災害に見舞われていない
□ 基礎鉄筋コンクリート造だ
□ 床下に木部の腐食やシロアリに食われた形跡はない
□ 建物を上から見たときL字やT字ではなく、正方形や長方形などシンプルな形だ
□ 一辺が4m以上の大きな吹き抜けはない
□ 東西南北全面に壁があり、壁の配置バランスがよい
□ 地盤は固い
□ 土地はがけ地などではなく平面だ

0-4個 耐震性に問題あり。
まずは耐震診断。必要に応じた補強を検討しましょう。

5~8個 耐震性が不十分。
まずは専門家に相談し、耐震診断をしてみましょう。

9~10個 一定の耐震性はあると推察できます。

以上