こちらの画像は、発掘された遺跡ではありません。

1_11_0.jpg

実は「マンションの外壁から剥がれ落ちたタイル」です。水や希釈した塩酸をたらし、タイルがはがれた原因を特定しているところ。 マンションの多くはその外壁がタイル張りですが、かなりの確率で剥がれ落ちているのはあまり知られていません。タイルが落ちたとき下に人がいたらそれは凶器になり非常に危険ですね。

2_4.jpg

このようなことになる原因はいくつかあります。まずは「施工不良」。タイルを張る工事のやり方がいい加減だったり、あるいはそもそも方法が悪かったりというケース。この場合は、マンション全体のタイルの状況を確認しなければなりません。今は問題ないように見えて、実は剝がれかかっているものがある可能性が高いからです。点検のやり方は非常に地道で、以下の画像のように「打診棒」といった道具を使い、タイルを一つ一つなぞっていきます。すると、浮いているタイルは「カーン」と軽い音がしてわかるといった具合です。

3_4_0.JPG

あとは「地震の影響」もありますね。比較的大きな地震があった時に剥がれる、あるいは剥がれかかるといったパターン。

一方で以下のようなタイルは「剥がれにくいパターン」です。

4_1.jpg

このような工事のやり方を「浅目地」(あさめじ)といいますが、タイルとタイルの間を是モルタルで接着させています。つまり、タイルの裏面と側面の双方で押さえているわけです。ところがあえてこうした安全な工事手法をとらないことも多いのです。それは「深目地」(ふかめじ)というやり方で、要は側面にセメントは入れず、裏面だけで押さえるといったやり方です。こうすると外壁に凹凸ができる、つまり陰影ができるので、見た目に重厚感もあり何となくかっこいいからです。この場合にはよほど慎重に工事のやり方を選択し、丁寧に施工しなければならないのです。

中古マンションを選ぶ際には、専有部のお部屋の中だけでなく、外壁タイルなどの共用部にもちょっと気を配ってみてください。思いのほかタイルが落ちていたり、コンクリートにひび割れがあったりというケースがあることに気づくはずです。ただしこうした不具合を発見しても、だからそのマンションは直ちにダメだということではありません。次に「マンション所有者で構成する管理組合でそれを把握し、手を打とうしているか」ということを確認してください。これは、マンション管理組合の議事録を取り寄せて読めばわかりますが、不動産仲介営業担当者に尋ねて調べてもらえばいいでしょう。

その他、廊下や階段など中古マンション共用部の見方は、こちらをご参考になってください。

http://www.m-gaiheki.com/