前回のコラム「マイホーム、買うのか買わないのか⑥」の続きです。
未来の住宅市場で高く評価される、価値のある住宅の条件とは。

●その2 耐震性が確保されていること

建物の質に関して、絶対に外すことができないのが「耐震性の有無」。一般論としては1981年6月1日以降に建築確認申請が行われた建物は現行と同水準の「新耐震基準」であり、これを満たしていることが必須。

ここでは、建物が完成した日付でも、登記の日付でもなく「建築確認が受理された日付」であることに注意が必要です。竣工図書の中に、建築確認申請書類が入っているはずですので、その日付を確認してください。

それ以前の建物については、耐震診断が行われていて、必要な耐震改修工事が施されていれば問題ありません。自宅の耐震診断や改修については多くの自治体で補助金を出していますので、HPなどで確認してください。

ただしさくら事務所のホームインスペクション(住宅診断)経験では、市場に出ている中古住宅の品質にはかなりのばらつきがあることがわかっています。こうした質の見極めについてはぜひとも専門家によるホームインスペクション(住宅診断)を受けたいところです。

これから買う方は、一戸建てなら購入前に耐震診断も耐震改修もできます。内外装のリフォーム工事と同時に行えば割安になります。マンションの場合は、自分だけで耐震改修を行うことはできず、所有者で構成する管理組合で意思決定する必要があります。マンション全体の耐震診断の有無とその内容については契約前に「重要事項説明書」を取り寄せれば確認できます。

一戸建てに話を戻すと。新耐震の建物であっても、実際には基準を満たしていないものが多い傾向にあります。というのも、2000年まで工事の具体的な手法が明示されていなかったため。ボルトや金具の種類や取り付け位置などは設計・施工者各自がなんとなく決めているだけだったのです。これらが明文化するなどしたのが2000年以降であるため、こうしたことが起きているわけです。

ゆえに2000年より前の建物については、評価上は問題ないものの、自分や家族の安心を考えるなら耐震診断を行っておくのが懸命といえるでしょう。このことは、業界人の多くには常識だが一般にはあまり知られていないので要注意です。

過去の一般的な木造住宅では、柱と土台はほぞに入っているだけで、金物の補強はされていなかった事が珍しくありません。また、筋かいの取り付けにしても、昔の仕様ではクギ留めだけで十分とされていました。

1_3.jpg 
柱と土台が固定されていない(新潟中越地震)

2_1.jpg
 クギで止められているだけの筋かい

しかし、阪神淡路大震災では、柱や筋かいが抜け出して建物が倒壊した例が多く見られたことから、2000年の法改正では、金物の規定が大幅に強化され、筋かいは専用の金物で固定するように定められています。 次回に続きます。