劇的!アフターアフター

  • トビラの写真、昭和40年代の築のマンションです。海を臨む最高の立地、でも建物が古いので価格はリーズナブル。お客様はご自身でいちからリノベーションをすることも条件でお探しだったのですが・・・

    「これだ!」という物件に出会ったら

  • 物件探しをしていて、「これだ!」と思えることはそう多くはないはずです。それだけに、「これだ!」に出会った時に戸惑い・決断が遅れ・結果物件を逃す、ということもあります。「これだ!」に出会った時にはこうなる、ということはあらかじめ知っておくことが大切です。

    究極のLDK

  • 住まいの間取りを考える上で「DK」という言葉は欠かせない存在です。が、いったいいつから使われている言葉なのでしょうか。

    査定してください!

  • 弊社のような決して大きいとは言えない会社にお問い合わせをいただく、そのことに弊社スタッフ一同お客様の真剣さと熱意に、敬意と感謝の気持ちで一杯です。弊社にたどり着く方は皆さん「もっと他にいい会社はないか」という動きをされてお問い合わせいただくからです。先日WEBからご自宅の簡易査定依頼をいただきました。同じように、「うちはいくらなのか?」を知りたい方々へ、そのお客様へのご回答内容を一部変更してご紹介いたします。ポイントはその会社が「いくらと言ったか?」ではなく「どんな戦略を持っているか?」です。

    完全に自由な1.5J

  • 「何をしてもいい1.5Jの空間をあげましょう」と言われたらどうですか?住まい造りにおいて、予算と広さに制限があるのが当たり前な中、逆にそれが1.5Jでも自由と言われたらどうでしょうか?

    ページ

    渡辺 夏男のブログ

    私がしあわせな家に入社した当初は異端視されていた弊社の取り組みが今、業界内でも認知されてくるようになりました。「3年後には住生活業界のスタンダードになっていて欲しい」という想いで綴ります。