• 10年後に「あー、この家でよかったー!」と思うために今何が必要か、というお話、3回目です。

    こんにちは、リノベーションが得意な中古住宅専門の不動産会社、株式会社しあわせな家の不動産担当の渡辺です。

    前々回から3回にわたって、「後悔しないための住まい探し」的な話をしております。一般的な切り口と全然違う話(たぶん)になると思いますので、よろしければ1回目・2回目もご覧ください。

    10年後、「この家で良かった」と思うために①

    10年後、「この家で良かった」と思うために②

     

    さて3回目も、扉の画像の質問からです。

    「迷ったら〇〇を切る」

    〇には何が入ると思いますか?

     

    答えは「時期」です。どういう意味か、ご説明しますね。

    なんで迷うかというと「全部欲しいから」ですよね。日当たり・広さ・利便性、全部ですね。

    でも、全てを求めると予算に合わない。でも全部欲しい。結果・・・「探す状態に入ってしまう※」

    10年後、「この家で良かった」と思うために①参照ください。

     

    何で全部欲しくなるかというと、そこに一生住むつもりだからです。

    そこで、「時期」を切って考えてみましょう。ざっくり、10年間一区切り、3つのライフステージに切ってみるのです。

     

    ホップ:一人暮らし、二人暮らしのマンション住まい

    〇日当たり

    ▲1LDK

    ◎駅までの距離

    ⇒利便性重視

     

    ステップ:子育て住まい

    ◎日当たり

    〇4LDK

    ▲駅までの距離

    ⇒広さ、環境重視

     

    ジャンプ:終の棲家

    ◎日当たり

    〇2LDK

    ◎駅までの距離

    ⇒利便性重視

     

    このように、今後10年で特に必要な条件を優先して物件を見てみるのです。

    「でも、そんなに住み替えって簡単にできるの?」という声が聞こえてきました。そうですね、これまでは一回買うとそれまで、買い替えはしづらいものというイメージがあったと思います。ところが、それが今変わろうとしているとことです。

    キーワードは、「住宅ストック循環型の社会」「コンパクトシティ」です。

    長くなりましたので、次回、「番外編」としてお送りしますね。

    渡辺 夏男のブログ

    私がしあわせな家に入社した当初は異端視されていた弊社の取り組みが今、業界内でも認知されてくるようになりました。「3年後には住生活業界のスタンダードになっていて欲しい」という想いで綴ります。