賃貸の仲介手数料

  • お部屋を借りたことのある人のほとんどが知っている。
    「お部屋を借りる際に不動産屋さんに支払う仲介手数料は家賃の1ヶ月分(+消費税)」ということ。
    この金額、半ば正しいが、半ば正しくない。
    どういうことか?

    加速!賃貸リノベーション

  • 以前は物件を探す時には「築年数神話」が割と幅を利かせていましたが、最近になってようやく薄れてきたように思います。
    探す側が特段クローズアップしなくなったという事です。
    もちろん、探す条件のひとつの目安ではありますが、その優先順位は以前と比べだいぶ下位のような気がします。
    なぜでしょうか?

    第一印象

  • みんな第一印象を良くしたがる。
    特に営業など人と会う仕事をしている場合は尚更だ。
    またプライベートも然り。
    合コンやお見合い、恋人のご両親と初めて会う、採用の面接など、そうするべき機会はいくらでもある。
    それほど重要視される「第一印象」。
    ところが、面白いことを言った人がいる。

    遠慮する入居者

  • 先日、あるお部屋の入居者さんから、お湯が出ないとの通知があったので伺ったところ、ふとエアコンの室内機にビニールが被せてあることに気付きました。
    まだ9月初旬だったので、あれ?っと思い聞いたところ、

    騒音トラブルの行き着く末

  • ここ最近、騒音による殺傷事件をテレビのニュースとかでよく見かけると思いませんか?
    もともと、以前から多い類いではありましたが、ここにきて目立っています。

    ところで、あなたにとっての「騒音」とは何ですか?

    あり得ない原状回復

  • 先日、私の地元仙台の知り合いから、親戚がトラブルにあったので相談に乗ってほしいとのこと。
    以下、とても住める状態にない部屋を充てがわれ途方に暮れたというAさんの話。

    遅延損害金条項

  • だいたい、消費者の交わすどんな契約書にも入っている条項ですが、アパートの賃貸借契約で適用されることはあるのでしょうか?
    そもそも、どんな条項なのでしょうか?
    この業界に入り22年になる私ですが、先日この条項を初めて適用しました。

    菊名リーシングプロジェクト(その後)~DIY~

  • 今年2月に私のブログで紹介した、当社の「菊名リーシングプロジェクト」シリーズ。
    このプロジェクトでは、古いお部屋をスケルトン・リノベーションの賃貸物件として再生し、かつ、DIY用の余白を作ることで「入居者自身で仕上げる楽しみ」という新たな付加価値を提供しました。
    シリーズの最終章では、ものづくりの職人さんご夫婦が入居することになったと締めくくりました。

    そして、半年が経った今、あの2階の広い余白は彼らのDIYによって、どのように変身したでしょうか。

    ページ

    佐藤 勝也のブログ

    うっかりして気付かず見落としてしまうことを、よく「盲点」と表現します。そして盲点は、よくよく考えれば実は他愛もないことが多いのですが、見つけ難く気付かないままの盲点もあります。そんな様々な盲点に光を当て、困ってるオーナー様の一助になれば幸いです。