• 「空室対策」とは一般に空室を埋めるための対策ですね。
    でも、実はこの「満室対策」こそが重要です。

    これさえキチンと出来ていれば空室対策は不要なのですから。
    「満室対策」とは満室を維持するための対策です。
    アパートが満室になってしまうと、とかく大家さん・管理会社ともにすっかり安心してしまい気が緩みがちです。
    借主さんは長い間家賃を払ってくれる大切なお客様のはず。
    もっと言うと「お得意様」です。
    普通、お得意様は大事にし、特別なサービスをしますでしょ?
    しかし、一旦入居してしまうと目が向かなくなるのは何故でしょうか?
    それどころか面倒な苦情を受けないように距離を置こうとしてませんか?
    もしかしたら、大家さんよりも管理会社よりも物件の善し悪しを理解しているのは、実際に生活をしている借主さんではないでしょうか。
    勇気を振り絞って借主さんの声を聞き、その声をタイムリーに物件に反映させる努力を続ければ満室状態も続くはずでは。
    また、稀に退去者が出たとしても、すぐ埋まる物件になっているはずでは。
    理想論でしょうか。

    佐藤 勝也のブログ

    うっかりして気付かず見落としてしまうことを、よく「盲点」と表現します。そして盲点は、よくよく考えれば実は他愛もないことが多いのですが、見つけ難く気付かないままの盲点もあります。そんな様々な盲点に光を当て、困ってるオーナー様の一助になれば幸いです。

    中古住宅選びで成功する為に絶対必要な5つの知識