• 「在籍屋」
    聞き慣れない言葉です。
    一方的に会社に送り付けてくる“FAX広告”で知りました。(写真)
    彼らはいったい何なんでしょうか?

    周知の通り、アパートやマンションを借りる場合は、就職している必要があります。
    また、就職していても、反社会勢力や水商売などアパートを借りられない・借りにくい職業もあるでしょう。
    そんな彼らを救済するために、在籍屋は架空の会社を用意するのです。

    管理会社は、入居審査の一環として、申込書に記載された勤務先の確認をします。
    例えば、ネットで会社概要を調べつつ、申込者からは保険証や源泉徴収票の写しをもらいます。
    在籍屋はそれらをクリアするための「アリバイ」をこしらえるのです。
    恐らく、架空の会社のHPは沢山あるのでしょう。
    ウソの源泉徴収票なんか容易く作るんでしょうね。

    いったい、どんな輩が運営しているのでしょうか?
    そして、実際に利用されることなどあるのでしょうか?

    賃貸仲介をメインにしている会社なら、普通に「ある」と思います。
    管理会社やオーナー様を欺くために。
    彼らからしてみれば、仲介手数料さえもらえれば、あとは知ったこっちゃないわけですから。
    それで入居した人が、実は無職だけど、真面目でちゃんと仕事を探してくれるような人ならまだいいですが、「そもそも反社会勢力だった」なんてことだった場合は目も当てられません。
    しかし、入居後、特に問題を起こすようなことがなければ、判明することはありません。
    また、背後にいる「在籍屋」の存在など、知りようもありません。
    よって、どれだけ利用されているか、その実数は未知数です。

    まったく、「在籍屋」など上手いこと考えましたね。
    バリバリの隙間産業ですが、需要は確実にあるのです。
    だから、幾つも存在するんです。

    さて、ここで1つの疑問が湧きます。
    「在籍屋」は違法か?

    恐らく、申込者は民法上の詐欺行為、在籍屋を紹介した仲介会社は詐欺の幇助に当たります。
    では、在籍屋は単に頼まれただけのこと?
    うーん、もしかしたら、在籍屋に違法性は無いのかもしれません。
    弁護士さんには確認してませんが。

    それにしても、表題写真のFAX広告。
    管理会社、仲介会社問わず、不動産会社には所構わず送っているのでしょうか。
    もう少しリサーチしてから送ってほしいものです。
    まぁ、それも彼らの勝手ですが・・・。

    佐藤 勝也のブログ

    うっかりして気付かず見落としてしまうことを、よく「盲点」と表現します。そして盲点は、よくよく考えれば実は他愛もないことが多いのですが、見つけ難く気付かないままの盲点もあります。そんな様々な盲点に光を当て、困ってるオーナー様の一助になれば幸いです。