• リノベーションが得意な中古住宅専門の不動産会社、
    株式会社しあわせな家、賃貸管理部の佐藤です。

    最近はネットで何かを問い合わせようとすると「会員登録」を求められることが多いです。
    とにかく何でもかんでも「会員登録」!
    別に買う気も無いのに、商品のことをちょっと知りたいだけなのに「会員登録」!
    もう煩わしいったらありませんよね。

    先日、あるお客様の物件を探している時、こんなことがありました。

    通常、我々が物件を紹介する時は、自社管理の物件だけではなく、他業者で預かってる物件も紹介出来ることになっています。
    不動産業界は横の繋がりによって物件を融通し合う仕組みがあるのです。
    他業者はライバルであり、かつ、仲間であるという部分で、ちょっと変わった業界とも言えます。

    まずは、業者だけがアクセス出来る、物件のデータベースがあります。
    そこから、お客様のニーズに合った物件情報を取り出しますが、
    物件は常に動いていますので、すでに申込中の場合もあります。
    よって、取り扱っている業者に電話で有無を確認したうえでお客様に紹介します。
    また、物件があった場合でも、お客様をご案内するにあたって、
    物件担当者が現地に来て鍵を開けてくれるのか、
    現地のどこかに置いてある鍵のありかを教えてくれるのかを、
    やはり電話で確認する必要があります。
    以上のステップを経て、やっとご案内が出来るのです。

    ところが、その過程において業者に電話したところ、2つの会社からこう言われました。

    「弊社HPに会員登録のページがありますので、そこでの審査後こちらからIDとパスワードを発行します。それでログインして頂ければ物件の有無も確認出来ますし、内見の依頼書も入居申込書もダウンロード出来ます」

    一瞬、耳を疑いました。

    審査って・・・???

    仕方なく登録し、IDとパスワードの発行を待ちましたが、すぐに届く気配がありません。
    思い余って、直通の番号に電話してしまいました。
    すると、保留音が流れ、少しすると、
    「登録が確認出来たので、内見方法をお知らせします」
    とのこと。
    まぁ、こっちとしては、それさえ分かればいいので、「はい」と答えるだけです。

    結局、IDとパスワードはうやむやになりました。
    「会員登録ってなんだったの???」って感じです。
    そして、いったい何を審査したんでしょうか?
    また、たかだか同業者間の物件確認のために何故そんな手間をかけるのか?
    このスピード重視の時代に。
    ただでさえ大手の電話は音声案内になっていて物件の有無の確認に時間がかかるのに、
    全く意味が分かりません。

    これが消費者相手ならば、営業的な意味合いが理解出来ます。
    見込み客情報になるわけですから。
    それが同業者に対してとなるとどうでしょう。
    ひょっとしたら、その会員登録を行ってる会社には同業者の「ブラックリスト」があるのかもしれません。
    評判がよろしくないとか、過去にトラブルを起こしたとか、そんな業者には物件を紹介しないのかもしれません。

    それはそれで事前にフィルターをかけられるのはいいかもしれませんが、効率は悪いですよね。
    何より問い合わせる側は早く物件確認をし、ご案内したいので、
    「面倒だ!この会社の物件はもう紹介しない!」となりかねません。
    いや、実際にそうなると思います。
    カウンター越しに接客してる営業さんなんかは、間違いなくそう思うでしょう。
    まぁ、それらを天秤にかけた結果、「会員登録」という方法に至ったんだとは思いますが。

    時代の流れなら仕方ありませんが、
    今後、なるべくそういう会社が増えないことを祈ります。。。

    佐藤 勝也のブログ

    うっかりして気付かず見落としてしまうことを、よく「盲点」と表現します。そして盲点は、よくよく考えれば実は他愛もないことが多いのですが、見つけ難く気付かないままの盲点もあります。そんな様々な盲点に光を当て、困ってるオーナー様の一助になれば幸いです。

    中古住宅選びで成功する為に絶対必要な5つの知識