• 前回の続き。

    1階のお風呂を2階に移動する。
    言葉でいうと簡単ですが、工事はそんなに簡単ではありません。

    ユニットバスだけで約300kg お湯をはると約200kg 人が入って60kg
    合計で約560kgもの重さになるのです!

    なのでそれなりに補強をしなければなりません。

    K様邸は2×4住宅。
    まず1階の天井を全て壊して、2階根太の補強・転び止の設置を行います。
    1477820866304.jpg 

    1477820915664.jpg

    そしてお風呂の床は12mmの合板で補強します

    1477820885528_0.jpg

    ここまでの作業を行ってようやくお風呂の設置が可能になります。

    「お金がかかりそう!」「結構大変ね!」
    そうですね。お金も手間もかかります。

    ただ、住みながらではまずできない工事。
    言い換えれば中古を買って大々的にリフォームするときにしかできない内容です。

    どのみち床も天井も壊す改装工事を検討しているのであれば追加でかかる費用は補強の工事だけになるので、意外と追加は少なくて済むかもしれません。


    弊社では大がかりに手を加えない中古住宅×リフォームも「中古注文住宅」の在り方としておすすめをしています。

    「リノベーション」だけが答えじゃない②

    音を奏でる家~築9年の戸建をリノベーション~

    リ・リノベーション~お気に入りを詰め込んだ家~


    ですが、K様のように大規模なリフォーム・リノベーションももちろん「あり」です。

    立地・・建物・予算 バランスが大切ですね。

    望月 陽介のブログ

    ~不動産業・リフォーム業の垣根を越えて~
    中古住宅購入×リフォーム・リノベーションが出来る「会社」は増えていますが、両方ができる「担当者」はまだまだ少ないはず。両方の視点から「住まい」に関して発信していきます。