こういう質問をされます。

「減税もあるし、自己資金を出すよりもお金を借りた方が得ですか?」

このように質問を返します。

「あなたは、現金100万円を3%以上の利回りで運用し続ける自信がありますか?」

「 ? 」と思ったあなたは、自己資金をできるだけ使った方がよいでしょう。

「 いけるかも! 」と思ったあなたは、できるだけ借入を多くした方がよいかも。

ようは、単純にお金の損得を考えると、借入はできるだけ少なくしたほうが得です。

しかし、借入の利率以上で運用をする自信がある人や、自営業の方で、手元にお金を残しておきたい人などは、できるだけ多く借入をしたほうが得になるかもしれません。

では次の質問。

「手元にある自己資金の内、どれだけをマイホームに使い、どれくらいを残しておくとよいでしょうか?」

これは明確な回答がしづらいですが、一般的にサラリーマンの人であれば6ヶ月分の生活費くらい、自営業の人は1年分の生活費くらいを残しておくとよいでしょう。

マイホーム取得には様々なお金がかかります。このブログの中で「マイホーム購入と諸費用」というテーマで列挙しましたのでそちらをご覧ください。

ひとつお薦めがあります。

営業担当の人にこのようなお願いをすると良いと思います。

「この物件を購入して、普通に生活をするまでにかかるすべての費用を出して下さい」

その場ですべてを挙げられる人のほうが少ないかもしれませんが、後日でもよいのでそれを出してもらうと、手元に残せるであろう自己資金の額が明確になります。

あと、親や祖父母から贈与を受けるケースが、マイホーム取得の場合には多々あります。これは有効な手段ですので、いただけるものは、いただいてしまえば・・・。
ただし、私もマンション購入の際に親から少し援助をしてもらいましたが、その途端に、

「早く結婚しなさいっ!」

というプレッシャーが強くなりましたので、その辺りはご注意を(笑)