ほとんどが新築戸建購入編(建物のみ)と重複しますが微妙に違います。 最後にワンポイントアドバイス付きです!

登記費用

マンションの場合は、司法書士が売主指定の場合がほとんどです。ここをきちんと書くと大変なことになるので、かなり大雑把に書きます。

表示(表題)登記

約8万円~。中には5万円位なんて会社もWEBで探すとありますが、売主指定ではそこは使えませんね。

保存登記

約20万円~。一戸建よりは高いです。金額の内訳は司法書士手数料+登録免許税。

抵当権設定登記

約8万円(2000万円を建物完成時に借りる場合)。住宅ローンを借りた場合にかかります。金額の内訳は司法書士手数料+登録免許税。

印紙代

工事請負契約書

1.5万円(5千万円超えは4.5万円)

金消契約

2万円(5千万円超えは6万円・住宅ローンを借りる場合)

火災保険

約10万円(2000万円・RC造・35年一括払い、最も安いもの)長期一括で入ったほうが割安ですが、その割引率は以前よりは低くなりました。別途、地震保険に入る人が増えています。地震により起きた火災は、地震保険の範疇です。

住宅ローン諸費用

手数料
約3万円~5万円 借入先によって変わります。フラット35の場合は、要注意。別途、デベロッパーが手続き代行手数料を取る場合があります。(5万円位)
保証料
通常、銀行ローンの場合は必要で、フラット35はかかりません。現金前払い又は金利に上乗せの選択ができます。現金前払いの場合35年ローンの場合、借入金額100万円で2万円位(2000万円の場合は20万円位)。金利上乗せの場合は+0.2%が一般的。 どちらが得なのかよく聞かれますが、個人的には現金で払う余裕があるならば、その分を自己資金にし、借入金額を減らして、保証料は金利に上乗せするのが良いと思います。
団信生命保険
銀行ローンの場合は借入金利に含まれます。フラット35(保証型)の場合、必要になります。借入金額1000万円で約36,000円(年払い)ローン残高に応じて、下がっていきます。

修繕積立基金

30万円~。初めてこのお金の存在を知った時は、なんじゃこれ?と思いました。。。試行錯誤の結果生まれた慣習なのでしょう。。。

固定資産税・都市計画税清算

法律上はこれをする必要は無いのですが、慣習になっています。関東では1月1日を起算日として、その年の税額を売主と買主の所有日数に応じて負担するというもの。ちょうど7月1日に買主に所有権が移転したとすると、年税額の半分を買主が売主に支払うということ。関西では4月1日を起算日としているので計算がややこしくなります。繰り返しになりますが、法律上はこれをする必要は無いので、地域によって違ってもおかしくないのです。で、いくら位になるのかは、物件によって全然違いますので、担当の人に聞いて下さい。。。それではイヤだという人のために、超大雑把に乱暴に書くと、10万円位みておけば・・・。

引っ越し代

物の量によりますが、20万円位みるのが一般的でしょう。

不動産取得税

不動産を取得するとかかる税金(県税・1回払い)。自分の居住用の建物の場合は大幅な軽減があり、大雑把な言い方をすると、贅沢な広さのマンションの場合にはかかる可能性があります。

固定資産税・都市計画税

不動産を所有すると毎年かかる税金(市町村税)。毎年4月になると納税通知書が送られてきて、横浜の場合は一括で払うか、4月、7月、12月、2月の4回に分割するか選べます。昔は一括だと割引がありましたが、今はそれは無くなりました。(市町村によって税率まで違います。。。)

ワンポイントアドバイス

諸費用以外にかかるもの。

エアコン
自分で購入して取り付けをする場合、隠ぺい配管がされているマンションの場合、エアコンの機種を選ぶケースがあります。お掃除機能付きや空気清浄機能付きは取り付けできないことがほとんどですのでご注意を!
 
照明
引っ掛けシーリングになっているのが普通ですので、取り付けは自分で簡単にできます。WEBで購入するのが最もリーズナブルです!
 
カーテン
パワーが残っている人は「IKEA」が格安。KEYUKAなんかも安いですね。しかし、ひだが少ないカーテンはひと目で安いものとわかってしまいます。そのあたりご注意を!
 
家具
お子さんが小さいとあまりお金をかけたくないですね。その場合、やっぱり「IKEA]でしょうか。 個人的には、前の会社の時に、イタリア・ドイツに家具を見に行く研修に連れて行ってもらった経験があります。そこで出会った「porada」の家具が大好きです!ちなみにアクタスさんに置いてあります!