話がふりだしに戻りますが、どんなリスクがあるのか。

金利変動リスク

かれこれ15年近くもこの低金利が続いていますので、これが普通という感覚になってしまっています。上がる上がると言われながらも、一向に上がる雰囲気がありませんので仕方ありません。

しかし、忘れてはいけないのは、現在2%そこそこの変動ローンの金利が、平成2年には8.5%であったということです。今後そこまで上がることは考えにくいですが、中長期的にみれば、今よりは上がる可能性はあるわけです。

こんなデータがあります。

マイホーム購入者が選択した金利タイプ

全期間固定型  17%
固定期間選択型 48%
変動型     35%

固定期間選択型は、変動型の一種ですので、83%の人が金利変動リスクを持っているわけです。

ちなみに3000万円を30年ローンで借りた場合、

金利2%=月々110,885円 総支払額 39,918,903円
金利3%=月々126,481円 総支払額 45,533,235円
金利4%=月々143,224円 総支払額 51,560,851円
金利5%=月々161,046円 総支払額 57,976,735円

このあたりの数字は、「今が買い時!」みたいな広告で目にすることが多いと思いますが、私が書いたのは、将来のリスクを知ってもらうためです。

 

家計変動リスク

激動の世の中。

10年、20年先のことは誰にもわかりません。万が一を考えた借入額に抑えておきたいところです。

特に注意をしたいのは、

  • 夫婦で収入合算をして、そのぎりぎりまでローンを組んでいないか
  • 定年時に残債がどれだけ残る計画か
  • ボーナスを過度に当てにしていないか

しかし、ここを突き詰めすぎると、怖くて住宅ローンが組めなくなりますので、ある程度のおもいきりが必要です。