一緒にリフォーム業界をリノベーションしませんか?

2020年までに中古住宅流通・リフォーム市場の規模を倍増(20兆円)しようと、国の方針が決まってから2年が経ちます。確かに、様々なところで「中古」がフォーカスされ、着実に前に進んでいると実感しています。しかし、倍増させるにはまだまだ道半ば。このまま淡々と仕事をしていれば、本当にそうなるのでしょうか?

当然のことですが、市場が倍になるには、この業界で働く人が大幅に増えなければいけません。新築からリフォームへ。異業種からリフォーム業界へ。優秀な人がドンドン入ってこなければいけません。でも、立ち止まって考えてみてください。今のリフォーム業界は優秀な人がドンドン集まってくるような魅力的な業界ですか?
写真258.JPG

私はリフォーム業を始めるにあたって、この業界の現場の最前線で働く様々な人からヒアリングしました。大手と言われる会社(リフォーム業界は資本金1億円以上の会社は数えられる程しかなく中小企業が大半)から、小さな会社まで。そこから見えてきたリフォーム業界の基本的なビジネスモデルは「コツコツと小さな工事を積み重ねながらお客様の信頼を得て、最終的に大きな工事をいただく」というものです。これを否定するわけではありませんが、新築業界に居る者からみると、この「コツコツ」に馴染むのは結構大変なことと思います。

また、この「コツコツ」がために、リフォーム会社は多くのスタッフを必要とします。そうなると人件費=固定費がかさみ、会社に必要な利益が多くなります。にもかかわらず、苦労して受注した「大きな工事」は、新築に比べると全然小さく、当然ながら利益も少なくなります。そのため、ノルマ達成が厳しくなり、とにかくたくさんのお客様を同時進行させる必要が出てきて、会社から売上ばかりを求められるのです。

ここで会社に入った頃のことを思い出してください。「ものづくり」に携わりたくて、お客様に「様々な提案」をして、それが「カタチ」になり、お客様に「喜んで」いただく。そんな仕事がやりたくてこの業界を選んだはずです。また、新築よりも仕事の難易度は高く、きっと「やりがい」が大きいはずだと思っていたでしょう。
ところが実際は上述の通りの忙しさ。超人でもない限り、とてもじゃないが「様々な提案」をしている時間はない。会社からは、いかに効率的に仕事をこなしていくかを求められ「これが自分のやりたかった仕事だろうか?」そう悩んでいる人も多くいるはずです。

 

私達が解決します

そんな皆様に朗報です。その悩み、私達が解決します!
皆様が欲しいのはこれらではないでしょうか?

・「コツコツ」の時間を減らして、「様々な提案」に時間を使いたい。
・競合相手ばかりを意識する提案から、本気でお客様満足のための提案をしたい。
・ノルマ達成のために見込客を探す時間を減らしたい。
・IKEAやサンワカンパニー等、施主支給や通販などの商品を提案してみたい。
・建築家や設計事務所のような提案をしたいが、設計だけでなく施工まで携わりたい。

こういう仕事ができると思うとワクワクしませんか?
実は弊社では、これらのすべてを叶えることができます。「中古住宅流通」と「リフォーム」をセットにして考えるとこれらを叶えることができるのです。

 

弊社のリフォーム担当の仕事を解説します

お客様との最初の出会いは「購入したい物件に巡り合ったが、どんなリフォームがいくら位でできるのかを知りたい」というタイミングです。お客様はここに至るまでに、弊社不動産担当と一緒に何件も物件を見学しています。そのため、人間関係はしっかりと出来上がっていて、初対面とは思えない空気の中でニーズを確認し、提案を造ることができます。そして、人生最大の買い物と言われるマイホームを買うか買わないかという「大きな決断」のタイミングに「大きな影響」を与える提案をすることになります。責任重大ですが、その分、「やりがい」は計り知れません。

はれて物件が決まると、プランの詳細をつめていきます。ここでのポイントは競合することがほとんど無いことです。これまで積み重ねてきたものがしっかりしているので、お客様は他社も検討しようという気持ちにはならないようですし、最初からリフォームまで弊社に任せるつもりで問い合わせをいただいているケースがほとんどです。そのため、本気でお客様満足のための提案をすることができます。競合相手がいるとビビッてしまって言えない事、提案できない事がありますよね。そんな心配がなく、100%お客様の方を向いた仕事ができることは、この上ない「やりがい」になるはずでし、お客様も心から喜んでくださいます。

工事がスタートすると、現場にも顔を出すことになります。弊社は一級建築士事務所だけでなく、建設業許可も受けていますので、施工まで責任をもって対応することになります。お客様からの「ありがとう」をダイレクトにいただける場所に、常に居ることになります。

なお、弊社では売買からお手伝いをするお客様のリフォーム工事しか行っていません。会社としてなぜこう決めているかと言うと、「コツコツ」の時間を減らすこと、「見込客探し」の時間を減らすことが目的です。売買に係るリフォームは10万円、20万円という工事はほとんどなく、まとまった工事が大半です。ここ最近の契約金額を5件ピックアップすると、724万円、1285万円、769万円、933万円、473万円となっています。そのため、「コツコツ」や「見込客探し」にではなく、おもいっきり「様々な提案」に時間を使うことができます。強いて言うと「ブログ」や「Facebook」で自分が担当しているお客様との出来事を書くことが、唯一の見込客探しの時間と言えるかもしれません。実際に「ブログをみて」と問い合わせが来ることがありますので。

いかがでしょうか。これってリフォーム業界のリノベーションだと思いませんか?
リフォーム業界の仕事の中で魅力的な部分を「イイトコドリ」できていると思いませんか?

最後に、メインの仕事ではありませんが、弊社では年に2、3件「磨き売り」を行っています。「磨き売り」とは弊社が造った言葉で、古くなった住まいを弊社が特別なリノベーションをして、売主様のために高く売って差し上げようという取り組みです。広告宣伝効果が高いので、通常より安くリフォームを提供できるため、売主様、買主様双方にメリットがあります。皆様には、この「磨き売り」の担当をしてもらうことになります。まだ見ぬ購入者の顔を思い浮かべながら、自分が思うように設計することは、とても刺激的な仕事になります。ぜひ事例をご覧ください。


Renon「豊洲プロジェクト」

Renon「鴨居プロジェクト」

最後まで読んでいただき有難うございます。
弊社はまだまだ発展途上です。もっともっとリノベーションできることがたくさんあるはずです。一緒に会社を創っていきましょう。
実は急いでいます。大至急お待ちしております!
詳細はコチラから。

代表取締役 山田 篤

中古住宅選びで成功する為に絶対必要な5つの知識