100件を解析

 弊社HPのコンテンツ「Renon住宅購入診断」。
おかげ様で多くの方にご利用いただいております。
その診断結果の内、有効回答と思われる直近100件を抽出して解析をしてみました。
このデータはお客様にとっても、また我々業者にとっても大変有益なものになりました。
これまでご利用いただきました皆様に深く御礼申し上げます。


 

集計結果

まずは集計結果を。

 

皆さんどうでしょうか?
100人中90人以上が「はい」と答えたものが7問。逆に50人以下であったものが5問。
これらについてコメントしていきます。

 

「はい」が50人以下であったもの

 

「機械式駐車場は良い」:16人/100人

まずは「はい」が最も少なかった問い。さすがに機械式駐車場の問題点についてはほとんどの方がご存知であることがわかりました。スミマセンこれは愚問でした。

 

「マンションは間取りが変更できないと思う」:21人/100人

これも愚問とわかり安心しました。

 

「中古でもリフォーム済であれば安心だ」:40人/100人

これには2つの側面があると思います。
・いくら室内が綺麗であっても、建物自体の耐震性などがクリアにならないと買わない
・見た目が綺麗なだけでは足らず、どういうリフォームをしたのか目に見えないところまで把握したい
業者の皆さん。6割の方がこう考えている事を肝に銘じなければなりません。

 

「マンションの修繕積立金は安ければ安いほど良い」:41人/100人

もっと少ないと思っていたのでこれは意外です。「修繕積立金」というものへの認識がまだまだということだと思います。もっときちんと伝えねばと反省。

 

「これから地価が上がりそうな土地を買いたい」:50人/100人

意見が真っ二つに割れましたね。ひと昔前とはあきらかに変わってきている象徴的な項目ではないでしょうか。つまり、マイホーム取得において、お金の損得よりも、精神的な満足を求める方が増えてきているということ。「賃貸vs購入」の結論と同じようなものですね。

 

「はい」が90人以上であったもの

 

 「購入諸費用がいくら位かかるか知りたい」:92人/100人

これは物件毎に、そして住宅ローンの借入先、借入額によっても変わってくるので、web上で明確にうたっているケースはほとんどありません。それが理由かと思います。実際に内覧に行けば担当者から「資金計画案」なるものを渡され、そこに書いてありますが、お客様が事前に計算するのは難しいことでしょう。web上でこれを明確にすることはできますが、結構ややこしいシステムを作らなければいけないので・・・。コスト的にも躊躇してしまうのが私の正直な気持ちです。課題です。

 

「その街の将来性も大切だと思う」:93人/100人

上記「地価が上がりそうな土地」という意味ではなく、利便性や環境等の将来性という意味合いが強いと思われます。
これから人口が減り、コンパクトシティ化が進められる中、立地を選ぶことは非常に大切です。弊社ではお客様と一緒に「立地の最適解」を探すようにしています。


「自分の住むエリアが災害に強いか知りたい」94人/100人

「いいえ」と答えた6人の方は、この分野に強い人、よくご存知の方でしょう。
 

「建物の構造に興味がある」:92人/100人

これは嬉しい結果です!これは興味がある人の方が少ないと思っていたので、今後はもっとこの話をするようにしたいと思います。弊社の最も得意とする分野です!震災の影響でしょうか。。。

 

「自分の購入する物件が良い物件なのか心配だ」:95人/100人

これが「はい」が最も多い問いになりました。自分で購入の判断をすることへの不安という意味でしょうから、この問いにこそ我々不動産業者が誠実に応えなければなりません。下記の問いと関連性が深いと思います。

 

「何でも相談できるパートナーが欲しい」:93人/100人

営業担当者の役割は、「その家を販売する」ということから、「購入者と同じ目線でアドバイスをおくる」に代わらなければいけない時がきています。営業の皆さんというよりは、不動産業の経営者の皆さん、この結果を真摯に受け止めなければいけません。

 

「時間をかけてじっくりと物件を探したい」:91人/100人

上の問いの通り、営業担当者の役割を代えてあげれば、自然にお客様のこの想いに応える事ができます。いまだに妙なテクニックのようなものを駆使している営業の皆さん。そういう時代はおしまいです。弊社と一緒に時間軸を変えましょう。

 

総括

弊社のHPの一番目立つところにある「最初にご覧ください」。
そこに書いたこと、弊社が取り組んでいることに間違いは無かったと確信することができました。

なお、「Renon住宅購入診断」の30の問いに対する回答や説明は、弊社「中古マンションショールーム横浜」に30枚のパネルというカタチで展示してあります。ぜひお越しくださいませ。

今後も中古住宅売買の世界を、もっともっと誠実で透明性が高いものにするために、そしてお客様の「心、想い、気持ち」を「第一」に考えた仕組みにするために、努力していきます。
さらに力が沸いてきました!ありがとうございました。

平成24年7月 山田 篤