「中古注文住宅」

この言葉を造ったのは私です。思いついてすぐに商標登録を出しましたが、却下されてしまいました。一般的な言葉をつなげた造語は通りにくいそうです。               
それはさておき、今までに「中古注文住宅」を求めて私の所にいらした方々には大きな特徴があります。
キーワードは「積極的に中古住宅を買う」。

戸建?マンション?

「注文住宅」というと新築の一戸建をさす言葉です。
しかし「中古注文住宅」とは“一戸建”にも“マンション”にも当てはまる言葉だと考えています。
実際、弊社にお越しになる方をみると、都内で物件探しをする方は大半がマンション探しを、神奈川で物件探しをする方は半分強が一戸建を、残りがマンション探しをされています。
 

新築も検討した方がほとんど

問い合わせがあった方とお話をすると、ほとんどの方は新築のモデルルームに足を運ばれた経験があります。そこで立派に造られたお部屋を見て、またパンフレットの間取り集を見て、満足をされなかった方々です。確かに、新築マンションや建売住宅は、デベロッパーがマーケティング調査をして、そのエリアを求めている人々の平均的な家族構成、年収、等々から、最も受け入れられやすい平均的な造りになっているわけです。
これだけ“個性的な”時代になっているのに、“平均”では満足できないのは当然のことです。


積極的に中古住宅を買う

今まではどちらかと言うと、「新築が買えないから中古を買う」という人が多かったと思います。
しかし、私のところにいらっしゃる方々は、「新築に満足ができないから中古を買う」、つまり「積極的に中古住宅を買う」という方々です。
具体的にはこんな感じです。

①新築のキッチンに満足できない!

・人を呼んでパーティーを開くのが好き。そんな時“アイランドキッチン”は最適なのでぜひ実現したい。
・LDKをとにかく広くしたい。寝室や子供部屋は、極端な話ベットと机が置ければそれでよい。
・夫は車にたくさんお金をかけているのだから、私もキッチンにお金をかけてもイイでしょっ(笑)

②癒しを求め“自然素材”を使いたい!     

・床を無垢フローリングに。壁や天井は漆喰などで塗りたい。
・DIYをしたい!自分達で壁を塗って子供の“手型”をつけたい!
・「素足で歩きたくなる家」「深呼吸したくなる家」にしたい!

 

③間取りをこだわりたい!

・リビングを通ってから子供部屋に入る間取りにしたい!(リビングアクセスチャイルドルーム)
・子供の勉強スペースをリビングダイニングに造りたい!
・本に囲まれてゆっくり読書ができる部屋を造りたい!洋服だらけの収納部屋を造りたい!

 

予算に合わせて

「中古注文住宅」の良いところは、こだわりたい所に予算を集中投下できること。すべてを100点満点にする人はいません。例えば、“ご主人様はお風呂を広く”、“奥様はキッチンを自分好みに”。それ以外はお金はかけません。こんなことができるわけです。決して背伸びはしないけど、満足度の高い住まいが実現できます。

 

まずはご要望をお聞かせ下さい

今までは中古物件を探す時は、入口は“物件”でした。つまり自分達に合うであろう物件を探すことがスタートでした。しかし、「中古注文住宅」の入口は“初回面談”です。どんな住まいにしたいのか?そういう事をじっくりと話し合い、それが実現できる物件を我々スタッフと一緒に探す。それがスタートです。
皆さん、ぜひ会いに来て下さい。そして一緒に「中古注文住宅」を実現しましょう。