長嶋 修

ご挨拶

 みなさん、こんにちは。不動産コンサルタントの長嶋修です。

中古住宅といえば「古くさい」「人が使ったもの」といったイメージ。加えて「耐震性も劣化の具合もなんだかよくわからない」といったこともあって、なんとなく新築より劣るのが中古であるかのような風潮でした。しかし実際にはぜんぜん違うのです。

「古さ」は「味わい」に変えればよく、「人が使ったもの」については、特に水まわりなどは刷新すればよいのです。

「耐震性や劣化具合」についてはホームインスペクション(住宅診断)があります。

新築住宅は買ったそばから価値がガタ減りし、10年で半値、25か30年で価値はほぼゼロです。実際にはまったく問題なく利用できる、住むことができるにもかかわらずです。そんな中古住宅を入手して、自分の好きなようにリフォーム・リノベーションすることが出来れば、家計にもやさしく、それでいて自分だけのこだわりを実現することが出来ます。

中古住宅購入+リフォーム・リノベーションで成功する秘訣はなんといっても「建物に強い(詳しい)不動産会社に相談すること」です。これから本格的に【中古住宅の時代】がやってきます。株式会社しあわせな家は、そんな時代に先駆けた、まったく新しい不動産仲介のシステムです。現時点で私たちが考える、最高の中古住宅売買の仕組みだと自負しています。

平成20年8月 創業時のご挨拶を読む

長嶋 修(ながしま おさむ) 1967.9.12

中古住宅選びで成功する為に絶対必要な5つの知識