「ジブリの舞台で」

「ジブリの舞台で」

【初回面談~あこがれの舞台で~】

H様に弊社初回面談にお越しいただいたのは今年の3月初旬、まだ寒さの残る季節でした。初回面談ではまずは住まいへの想いやご希望などをうかがいます。どちらかというと主導権をお持ちで明るくよくお話になる、そのような印象のH様の奥様に対して、H様ご自身は眉目秀麗で寡黙、クールでどっしり構えて動じないというのが私の第一印象でした。

 

「立地」か「建物」か?

「立地」か「建物」か?

以前、弊社代表の山田が担当させていただいたO様からのご紹介で初回面談に来てくださったE様。
当初希望のエリアは東横線沿線、自由が丘~渋谷。学芸大学や都立大学、中目黒を中心に内覧を重ねていきました。E様の主な生活圏であり、現在よりも通勤時間が短くなるエリア。長年慣れ親しんできた環境です。

中古「注文」住宅は2度楽しい

中古「注文」住宅は2度楽しい

【探す楽しさ】

T様ご夫婦は、ご結婚が決まったばかりのお二人。新たな門出を新たな住まいでということで、弊社にお問い合わせをいただきました。初回面談でのご要望は、「乗り換えに便利なターミナル駅に出やすい立地」。それ以外に具体的なご要望はなく、ごくフラットな状態で物件探しがスタートしました。

 

自分好みに「丁度良く」変える

自分好みに「丁度良く」変える

「立地条件や広さを優先しつつも、ゆとりのある資金計画で」
「自分の好みに合わせた素材を使用したリフォームを行いたい」

このようなご要望の中、スムーズに購入物件が決定、昨年末に購入物件の残金決済が完了。通常のスケジュールであれば、購入物件の残金決済後、速やかにリフォーム工事に入りますが、K様には「時間をかけても納得できる物を選択したい」というご要望がありました。

空を招き入れる家

空を招き入れる家

U様との出会いは今年の1月末。以前弊社にお問い合わせがあり、一旦物件探しを中断しているお客様より『しあわせな家さんの話を一度聞いてみたら?』というご紹介によるものでした。初回面談ではとても話が弾み、津川がじっくりとお話をお伺いすること約4時間…(笑)『住まいの選択においては、その過程も大切にしたい』というU様のお話が印象的でした。

Renon「菊名プロジェクト」

Renon「菊名プロジェクト」
築39年総戸数8戸の鉄骨造テラスハウス。そのひと部屋、1,2階合わせて55.38㎡(16.75坪)の3DK。室内はほぼ建築当時のまま。こんな物件の売却相談を受けました。
調査をすると、土地の持分が45.80㎡(13.85坪)。第一種低層住居専用地域で容積率100%のエリアなので、容積率オーバー。間取りもニーズに合わないし、室内も相当なリフォームが必要な状態。このまま売りに出しても、売却できる可能性は極めて低い。さあどうしようか?

【購入する】という選択肢

【購入する】という選択肢

 A様とお会いしたのは冬の一番寒い時期でした。ホームページからお申し込みいただいた初回面談では、エリアや駅距離・間取りなどの全体的な物件の条件のほかに以下のような点を踏まえて物件探しをスタートすることになりました。

○お友達を呼んでパーティーができるような広いLDKの空間が欲しい(ご主人様)
○フローリングの材質や踏み心地が気になるので注意したい(奥様)
○物件価格・リフォーム代金・ランニングコストのトータルで無理のない資金計画にする(ご夫婦共通)

 

暗くなりがちな北玄関にこんなアイデアを!

暗くなりがちな北玄関にこんなアイデアを!

『予算の範囲内で、かといって広さや立地は妥協したくない。
それでいて自分達が希望する内装や設備を思いのままに選んで暮らしたい』
K様との初回面談はこのようなご要望からスタートしました。

約2ヶ月間、スタッフの津川と物件見学をして最終的にK様が出会ったのは、築26年を経過し大規模修繕工事真っ只中のマンション。室内は26年前そのままですが、もともと手を入れる予定のK様にとってはむしろ好都合です。

 

「Renonらしいストーリー」築31年マンション

「Renonらしいストーリー」築31年マンション

赤坂にある築31年のマンションの売却依頼をいただきました。
お部屋は空室。何も無くなったお部屋からはどうにも生活感が沸いてこなかったので、弊社所有の照明器具、テーブル、イスを無料でレンタルすることに。少しの工夫で第一印象は大きく変わります。

いつものように販売活動に入る前に「ホームインスペクション」を実施。

ページ

中古住宅選びで成功する為に絶対必要な5つの知識