こんにちは。
先日、築29年の『平屋』をフルリノベーションしたN様のお引渡しが完了しました!

【Before】

外観
01_1.JPG

LDK
02.JPG

和室
03.JPG

玄関
04.JPG

間取り
05.png

約75㎡の2LDK+S。建物の状態はとても良かったのですが、
お部屋が細かく区切られているのと、ホールと廊下のスペースが少しもったいない印象でした。

 

 

【After】

06.png

LDKと洋室の間仕切り壁を無くし、一つの広いLDKに。
ホールと廊下のデッドスペースになる部分を極力減らし、その分、玄関や収納スペースを確保しました。

LDK
07.JPG

構造上抜けない筋交いを活かして、猫ちゃん階段を作りました。
床は無垢のヨーロピアンオーク、天井は勾配天井の板張りに仕上げました。
天井は一番高いところで3mを超え、開放的な空間になりました。

キッチン
08.JPG

キッチンは造作にしました。タイルの貼り方、天板の素材、扉の色や取っ手まで、何度も打合せを重ね悩みながら造った一点物です。

※打合せ風景はコチラから。

09.JPG

ちなみに、照明は全てN様チョイスです。う~ん、素敵すぎます。。。

 

キッチンから見たLDK
10_1.JPG

11_1.JPG

お庭に面している窓は、実は幅を広げる工事も行っており、その分お庭を広々見渡せるようになりました。サッシはペアガラスに交換し、性能も向上しています。
ちなみに、壁や屋根も断熱からやり直しているので、N様からも「思っていた以上に暖かくてよかった」と仰って頂きました。

 

リビング
12_2.JPG
 

13_1.JPG

猫ちゃん階段で楽しむ様子です。普段は梁まで登って、毎日冒険を楽しんでいるのだそう。

14.JPG

うん?お庭に何か発見かなっ??

15.JPG

そろーりと近づき…。その後は窓辺にごろんと。なんだ、日向ぼっこか。

16.JPG

こんなに陽当たりが良いと、猫ちゃんも窓辺から離れられませんね。
 

玄関
17.JPG

庭いじりも楽しみたいと仰っていたN様。ガーデニンググッズが置けるように玄関は広々と。

 

洗面所
18.JPG

こちらも造作にしました。シンク・蛇口・タイル選びから、幅や奥行はどうするかなど、一つ一つ相談しながら決めていきました。

 

外観
19.JPG

玄関へのアプローチ。何だかワクワクしませんか。

20_1.JPG

玄関扉は、一目惚れしたアンティークの一点物を使用。
※ショップ巡りの様子はコチラから。

外壁と玄関回りの素材と色の組み合わせも、最後まで悩んで悩んで決められていました。この組み合わせにして正解でしたね!

 

外構
21_2.JPG

外構はN様がお知り合いのグリーンネストという会社さんに依頼されました。元々あった梅の木などは残し、上手く組み合わせてくれています。これから植栽が育っていくのが楽しみですね♪はやく暖かくなって欲しい!

さて、こんな素敵な住まいを完成させたN様。この物件に出会うまで、どのような道のりを歩まれたのでしょうか。これから物件探しをされる方や物件購入を検討されている方に少しでも役立てばと思いますので、その道のりを、少しお話させて頂きます。

はじまり。

はじまりは、H28年2月、こんな無料相談メールからでした。

>住まいを探しています。自分好みの家にしたいため、中古戸建、中古マンションを探しています。その後のリノベーションのことも考え、相談にのって頂きたく、ご連絡しました。入居は1人と猫2匹。猫は増える可能性があり。

メールを読んだ瞬間、猫ちゃんとの住まい造りなんて、楽しそう!キャットウォークや猫ちゃん用の出入り口を造るのなんてどうだろう♪と、妄想が膨らみました。まずはお会いして詳しくお話を伺うことに。初めてお会いした時に、建築やインテリアの雑誌を持ってきて頂いて、「こんな雰囲気の家が好きなんです」とお話頂きました。ご自身のお好きなもの、というか軸がしっかりとおありの方で、お話を伺いながら、楽しい家造りできそうだとワクワクしたのを覚えています。

また、乗馬が趣味で、着物の着付けの資格もお持ちで、とても多趣味。毎日を充実して過ごされているのが伝わりました。5年後、10年後と、きっと新しい趣味が増えているかも知れません!そんな暮らしの変化も包み込んでくれるような住まい探しははじまりました。

内覧、内覧、内覧

その後は、毎週または隔週で、1回につき3~4軒ほど、精力的に内覧していきました。戸建・マンションは絞らず、まずは条件に合いそうな物件を沢山見て回ったことで、N様の中で、譲れるところ・譲れないところが、少しずつ整理されていきました。

そして、マンションは対象外、になりました。
ペット可であっても頭数制限がある物件が多く、N様にとっては、すこし不自由でした。またマンションの場合、北側のお部屋が外廊下に面していることが多く、どうしても暗くなりがちで、窓も開けにくいのがネックでした。陽当たりや風通しを重視されるN様には、心地よく住めるイメージが湧きませんでした。

また、ちょうどこの時期に、N様から頂いたメールです。

>ゆずれないポイントは庭と日当たり、風通し、わたし的雰囲気。ゆずるポイントは駅からの距離、ある程度の勾配、×××万までの予算。

このように、自身にとって何が大事で、その為なら何に目をつぶれるか、が明確になると物件探しは一歩前進です。

ちなみに、こんなメールもありました。

>自分の家を持つのはやっぱり大切な夢だし(中略)やっぱり妥協はしたくありません。100%の家なんてないことは重々承知ですが、限りなく100%に近い家が欲しいと思います。

仰る通りですよね。

どうでしょう。冒頭の素敵な住まいを見たら、全てが順調に進んで満足いく住まいに出会えたような印象を持ちませんか??^^;

実は、そんな事はありません。N様だけではなく、ほぼ皆さんが、100点満点の家が欲しいと願い、探し、でも中々出会えなくて、何かを妥協しないといけないのは分かっていてもでも妥協できなくて、不安になったり辛くなったりしながら、でも真剣に考えて探して、やっと出会える。。。なんて道のりを歩んでいるのです。これは「住まいに対する想いが強ければ強いほど」、そのようになると思います。

ですから、もし「なかなかこれはと思える家に出会えない…」という方がいらっしゃったら、「大丈夫!」と思ってください。現にN様も、長い道のりを経て冒頭のような暮らしを手に入れたのですから、大丈夫です!
 

一目惚れ!・・・しかし。

そしてN様も、やっと「これは」と思えるものに出会います。3月から内覧をし始めて、5月半ばの出来事でした。

当初希望していたエリアにある築40年の戸建で、お庭も建物もちょうど良い広さでした。何より建物がN様の好みにピッタリ。元々、「新しいピカピカなものより、古いものが好き」というN様、そのツボを見事に押さえた建物でした。ちょっとレトロで、例えるなら、古い米軍のフラットハウスに近いでしょうか。と・に・か・く、イイんですよ笑。一歩お家に入った瞬間、二人で「かわいい!」「あ、この建具もいい!」「あ、この家具もなんかいい!」と大ハシャギし、沢山の内覧を経て目の肥えたN様が、一目で「この家が欲しい」となりました。まさに、即決でした。

ところが、この物件には大きな不安要素がありました。2階の天井に、このようなカビが大量発生していたのです。
22_0.png

表層だけの問題であれば、天井を張り替える等で改善はできますが、雨漏れや立地条件など別のなんらかの原因があって恒常的にカビが発生してしまうようなら大問題です。これがリフォームで、また予算内で改善できる程度のものなのか、調べた上で意思決定をする必要がありました。ですので、とてもイレギュラーな対応ではありますが、売主様にお願いをし、契約前に「耐震診断(ホームインスペクションよりも精密な調査)」を行うことになりました。

そして、結果がこちら(屋根裏の様子)
23_1.JPG

24.JPG

調査をした結果、このお家の場合は深刻な雨漏れの形跡があり、これがカビの原因でした。改善するには、屋根の葺き替えだけではなく、カビが生えている梁や柱からやり直すような工事となり、現実的ではありません。予算的にも、今の雰囲気を残したいN様のご要望にも応えることは難しく、一目惚れしたこのお家は見送ることになりました。

再出発

やっと出会えたと思ったお家を泣く泣く諦め、私もN様も、一時迷走したりもしました。それでもエリアを少し広げるなどして、内覧に行くことはやめませんでした。そして、実際に購入された『平屋』に出会うことになります。

内覧~購入を決めるまで

『平屋』の内覧をしている時、売主様側からの依頼で床下調査が行われており、なんともタイミング良く、床下調査員の方から直接結果を聞くことができました。その方曰く、床下も蟻害や腐食など問題は無いとのこと。また屋根裏は小屋裏から一通り覗くことができ、雨漏れ等の形跡は一切ありませんでした。建物自体は、築29年とは思えないとても良い状態で、お庭の雰囲気も、好印象で内覧を終えました。

ちなみに、「これは」と思える物件に出会ったとき、他の方がどのように感じ、検討し、最終的に決めるのか、想像が湧きにくいですよね。N様の場合は、内覧後にこのようなメールを頂きました。

>帰り道、バス停の時刻表を確認しました。朝は4-6分おきに出ているようで、本数は多いです。ただし(主要駅)まで20分かかるようなので、通勤は大変そうです。駅までの道のりは、(中略)ひたすら下り坂。右手は山なので、昨日は比較的気持ちよく歩けましたが、暗くなってからの道のりは少し危ないなと思いました。朝余裕をもって出て電車、帰りはお買い物をしてバスという感じならばいいかもしれません。

それと、動物病院が近くにありませんでした。駅から少し歩いたところに、1件ありましたが、バスには乗せられないので、タクシーを利用することになります。緊急時のことを考えると心配です。この物件はもう少し検討してもいいでしょうか?

前述の物件とは違い、一目惚れ!という感じではありません。冷静に検討している、という状況です。そして数日後に、このようなメールを頂きました。

>(この物件を前向きに検討している旨から)初夏のアジサイ、秋の紅葉を見ながら通勤するのも気持ちいいだろうなと思ったこと、平屋なら後々暮らしやすいだろうと思ったこと、動物病院はタクシーを使えば××駅、××線に数件あること、ネットスーパーがあれば楽ちんなこと。。。あとは、どれだけ内装が思い通りに変えられるかにかかっていますが、きっと大丈夫ですよね。(薪ストーブ置きたいな)

数日間、あの場所で暮らすことを想像し、ネックに思える部分をどう補えるかを検討し、前向きな考えに変わりました。そしてその後再内覧を経て、晴れてこのお家を購入されました。皆が皆、一目惚れで即決するわけではない、ということも感じて頂けると思います。

そして、今。

それから、数か月のリフォームの打合せ・工事を経て、11月末にようやくお引渡しを迎えます(もっと書きたいエピソードはありますが、文章量的に割愛します^^;)N様と初めてお会いした時から、約9ヵ月が経っていました。あのころは、まさかこのエリアに『平屋』を購入されるとは、想像してもいませんでした(笑 なんだか不思議な気持ちになる瞬間です。

さて、お引越ししてからの暮らしはどうなのか。気になるところですよね。お引越し後に、N様から頂いたメールです。

>昨日ローボードを届けにきたヤマトさんが、すごく落ち着く家ですねと仰って下さいました。無垢の床もいいし、特にキッチンのチェリーのカウンターがステキ!と。嬉しかったです。挨拶回りに伺った先でも褒めていただきました。色々ワガママを申しましたが、本当にありがとうございました。これからもたくさんかわいい家を作って下さい。楽しみにしてますね。

>心配していた通勤ですが、バスの本数が多い上に車中、道もさほど混まないので、今のところ意外と楽です。買い物は駅の近くにまるでアメ横のような、安くて品揃え豊富な商店街があり、イケアの大きなショッピングバッグで週末に買い出しに行っています。不安もまだまだありますが、順調なスタートだと思います。

>ご近所さんもいい方ばかりの様子です。おもしろく生活できそうですよ。出費は大きかったですが、たくさんの出会いのおかげで、大事な夢をかなえることができました。社長さん、津川さんにもよろしくお伝えください。

>猫も私も今ひとつ落ち着かない日々を過ごしておりますが、満足度の高い生活を手に入れた実感があります。この家を手に入れられて、心から幸せです。

どれもこれも、嬉しいお言葉ばかりです。もったいないお言葉です。でもこの暮らしは、N様が本当に本当に頑張って、家探しも家造りも、真剣に考えて、悩み抜いたからこそ得られた暮らし、満足だと思います。そんなN様のお手伝いができて、私たちは光栄でした。本当に沢山、楽しい経験をさせて頂きました。

25.JPG

26.JPG

↑最後に猫ちゃんを再登場♪

N様、こちらこそ、ありがとうございました。年明けの打ち上げ会、楽しみにしております!

売買担当:渡部 リフォーム担当:石田

中古住宅選びで成功する為に絶対必要な5つの知識