今を楽しむ物件探し 

もともとはご主人様のご実家とお勤め先の中間にあたる「東京寄りの千葉」で物件探しをスタートされたM様。 「勤務先が近ければ、その分早く帰れて家族の時間が楽しめる」 「万が一震災があっても歩いて帰れる距離という安心感」 そんな「今」にスポットをあてた結果、購入いただいた物件はお勤め先まで自転車でも行ける当初の想定からはだいぶ離れた文京区。江戸時代には武家屋敷が多くあったと言われる高級住宅地に建つ昭和56年築のマンションでした。

今を楽しむリノベーション

お子さまはまだ2歳。個室が必要になるにはまだまだ期間がある事から、玄関からLDKまでは仕切りを設けずに3方向角部屋のメリットである風通しを確保できるような1LDKにリノベーションしました。

【before】
kizonnzu_0.jpg

【After】
shunnkouzu_0.jpg


今の好きを実現するリノベーション

壁の塗装
matsudasamajireishuu (1)_0.JPG
お子様も一緒に!バッチリお手伝い。

輸入壁紙
matsudasamajireishuu (17)_0.JPG
寸法を測って、切って・・・

matsudasamajireishuu (15)_0.JPG
貼っていきます。
採用した材質が紙だったので難易度高めでしたが、奥様きっちり最後までやり遂げられました。

ここまでは弊社でも良くやっていただいてるDIYですがM様の場合、更に・・・
木部の塗装もDIYしていただきました。
matsudasamajireishuu (16)_0.JPG

リフォーム担当の山崎からレクチャーを受け、こちらは家族みんなで。フローリングはもちろん、窓枠や造作カウンター・キッチン扉、ドアなど相当なボリュームのDIYでしたが、最後までやり遂げていただきました!
完成がこちら↓
matsudasamajireishuu (8)_0.JPG matsudasamajireishuu (13)_0.JPG
黒板代わりに使える玄関正面の壁。プラレールも思いっきり広げられるリビング。ブルーナグリーンがばっちり映えます。

matsudasamajireishuu (6)_0.JPG matsudasamajireishuu (7)_0.JPG matsudasamajireishuu (12)_0.JPG
玄関に入ってすぐにある、下駄箱・作業カウンターなどなど何役もこなすマルチ収納。

matsudasamajireishuu (3)_0.JPG matsudasamajireishuu (10)_0.JPG matsudasamajireishuu (9)_0.JPG
二人並んでも大丈夫な洗面、部屋全体を見渡せる対面キッチン、窓廻りをうまく使った本棚。すべてがM様だけのオーダー仕様です!

matsudasamajireishuu (4)_0.JPG
タイムスリップしたようなレトロなトイレ壁紙。

matsudasamajireishuu (11)_0.JPG
キッチン横には小窓とカウンター。ちょっとしたスペースですが、このおかげでキッチンに奥行きがでます。

matsudasamajireishuu (2)_0.JPG
まるで戸建てのような窓のある浴室。みんなでお風呂に入るのが楽しみになります。

matsudasamajireishuu (14)_0.JPG matsudasamajireishuu (5)_0.JPG
玄関横の小窓には転落防止にアイアンの格子を。もちろん特注品です。背景の緑と相まって本当に木にとまっているように見えませんか?

将来も見据える

でも、子ども部屋が必要になったらどうするの?住み替えないとダメじゃない?と心配になる方も多いと思います。
弊社は【リノベーション「も」できる不動産会社】です。
子ども部屋が必要になるであろう10年後、このまま住み続けるという選択肢を選んだ場合リフォームで対応できそうか?

kodomoheyatsuikapurann_0.jpg

子どもが増えてもう少し広い住まいへ、やっぱり実家の近くへ住み替えたい等、10年経てばライフスタイルの変化も十分に考えられます。
そんな時に当初探されていたエリアと比べて「貸しやすいか?」「売りやすいか?」変化に柔軟に対応できるかどうかご提案をしました。
きちんと将来を見据えたうえで、中古注文住宅が完成したのです。

見方を変えて物件探しをしてみましょう

お子さまの誕生をきっかけに物件探しをされている方の中には「将来の子ども部屋を考えて70~80㎡ 3LDK」という御希望の方が多くいらっしゃいます。
その物件の選び方を否定するつもりはありません。
ですが、遠い将来を考えるあまり今の楽しみを損なうような事があったらそれは「しあわせな家」と呼べるでしょうか?
学区の縛りがまだない身軽な時期の物件探しは、M様のように「今」にスポットを当てて見るのも良いでしょう。
M様、ありがとうございました!

担当:望月陽介